いちごの歴史|福岡県産のあまおうをふんだんに使ったゼリーの通販を行っています。

あまおうに関するコラム

いちごの歴史についてご紹介!~お歳暮の品をお探しならあまおうぜリーを~

食後のデザートにケーキやスイーツとして、様々な場面で活用されているいちごですが、いつから食するようになったのでしょうか?こちらでは、いちごが食べられ始めた時期や栽培が始まった時期についてご紹介します。あまおうを使ったいちごのゼリーをお探しでしたら、豊田農園の通販をご利用ください。お中元やお歳暮向けのセットをご用意しています。

いちごはいつから食べるようになったの?

いちごはいつから食べるようになったの?

いちごと私たちの関係はとても古く、狩り・漁といった方法で食物を集めていた石器時代から続いているとされています。当時は栽培する技術がなく、野生のいちごを採取し食べていたと考えられています。また、いちごの果実部分だけではなく、葉や茎、根も薬として活用していたようです。

しかし当時の野生いちごは今ほど甘いものはなく、実の大きさも小さかったと推測されています。

いちごの栽培が始まったのはいつ?

いちごの栽培が始まったのはいつ?

いちごは昔から食べ物として利用されてきましたが、本格的な栽培が始まったのはいつ頃からでしょうか?詳しく説明します。

いちごの栽培が初めて行われたのは、おおよそ17世紀頃であると言われています。ヨーロッパ地方にあった野生のいちごを持ち帰り、栽培し始めたのがはじまりであるとされています。その時のいちごは、小ぶりな実をつける「エゾヘビイチゴ」です。」

その後作物として本格的にいちごの栽培が行われたのが、約200年前。日本では明治5年頃であると言われています。フランスから種を取り寄せ育てていたそうです。

当時のいちごは高級食材として扱われており、格が高い人しか食べられず、庶民はほとんど口にすることができなかったと言われています。

それから現在に至るまでには様々な品種改良がされ、福岡を代表する「あまおう」や佐賀県産の「とよのか」といったおいしいいちごが栽培されるようになったのです。

お中元やお歳暮といったギフトにいちごを活用するなら、豊田農園のあまおうゼリーをお試しください。あまおうの実がたっぷり入ったゼリーですので、いちご好きの方に喜ばれます。

のしやラッピングへのご要望がありましたら、事前にお問い合わせください。

いちごは、はるか昔の石器時代から食べられていました。本格的な栽培は始まったのは、おおよそ17世紀ごろ。日本では明治5年あたりです。そんな歴史の長いいちごを大切な方に贈るなら、豊田農園が販売するあまおうゼリーをご利用ください。甘さと酸味がおいしいあまおうを贅沢に使用した飲むタイプの商品です。お歳暮なら10個・20個セットがありますので、お好みでお選びください。

あまおうゼリーをお歳暮に

福岡県産の最高級苺「あまおう」のゼリー

会社名 豊田農園
代表者名 豊田 直城
住所 〒811-2114 福岡県粕屋郡須恵町大字上須惠555
TEL 080-5270-4797
URL https://toyota-amaou.com/
営業時間 10:00~18:00(日曜休)
事業内容 あまおうの生産農家
あまおうゼリーの通販

ページの先頭へ

ONLINE SHOP

ONLINE SHOP