正しく保存して美味しさ長持ち|福岡県産のあまおうをふんだんに使ったゼリーの通販を行っています。

あまおうに関するコラム

いちごの保存方法について~あまおうのゼリーなら豊田農園~

いちごを長持ちさせたいなら、正しい方法で保存しておきましょう。間違ったやり方では美味しさが損なわれてしまいます。こちらでは、いちごの保存方法と保存期間についてご紹介します。

いちごの保存方法

いちごの保存方法

いちごを購入した際には、できるだけ早く食べきるほうが新鮮なままのいちごの味が楽しめます。しかし余ってしまった場合には、正しい方法で保存しておきましょう。

いちごの保存場所としては、冷蔵庫が最適です。保存に適した温度は3度から5度が目安となり、温度が高い場所に置いておくと傷みやすいため、常温よりも冷蔵庫が適しているのです。

その際には、販売時に使用されるパックから取り出すといいでしょう。お店で販売されているいちごは、二段重ねでパックに詰まっていることがほとんどです。

そのため、パックの下部にあるいちごはもちろん、隣り合ういちごが互いに圧迫しあい、傷みやすくなるのです。保存するときはパックから取り出し、ある程度空間に余裕のある容器に移し替えます。

乾燥予防のためにラップをかけ冷蔵庫に入れましょう。ちなみに、保存前に水洗いやヘタを切るといった行為は禁止です。これらは却っていちごを傷めてしまう原因となるのです。

いちごの保存期間はどのくらい?

いちごの保存期間はどのくらい?

いちごは、冷蔵庫・野菜室のどちらでも保存することが可能です。いちごの種類により保存期間は異なりますが、保存場所によりそれぞれ目安がありますので、覚えておきましょう。

豊田農園では、いちごの王様と呼ばれるあまおうを贅沢に使ったゼリーを販売しています。通販から購入いただけますので、ぜひお試しください。

野菜室

いちごの保存場所としては、野菜室が一番適しています。野菜室は3度から7度、冷蔵室は2度から6度と、若干温度が高く設定されているのです。そのため野菜室で保存した場合、美味しさを保ちつつ冷蔵庫で保存するよりも長持ちさせることができます。保存期間としては、1週間ほどが目安になります。保存する際は、できるだけ水分を切るようにしましょう。

冷蔵庫

冷蔵庫で保存した場合の保存期間は、4日から5日ほどです。それを過ぎると果肉が柔らかくなり、甘味が減少しますので、美味しさが徐々に損なわれてしまいます。これらを目安にできるだけ早めに食べきるようにしましょう。

美味しいいちごのデザートが食べたいなら、豊田農園の通販をご利用ください。豊田農園では、あまおうを使ったゼリーを販売しております。食べやすいチューブパウチタイプに入れた飲むタイプのゼリーとなりますので、冷蔵庫で冷やしそのまま味わうことができます。冷凍すれば、シャーベットとしてあまおうの濃厚な甘味を楽しむことも可能です。お取り寄せ品として美味しいスイーツを探しているという方がいましたら、ぜひ一度お試しください。

あまおうの果肉が楽しめるゼリー

福岡県産の最高級苺「あまおう」のゼリー

会社名 豊田農園
代表者名 豊田 直城
住所 〒811-2114 福岡県粕屋郡須恵町大字上須惠555
TEL 080-5270-4797
URL https://toyota-amaou.com/
営業時間 10:00~18:00(日曜休)
事業内容 あまおうの生産農家
あまおうゼリーの通販

ページの先頭へ

ONLINE SHOP

ONLINE SHOP